伝道の機会

グローバルアウトリーチデイ

“もし聴衆を軍隊に変える方法が分かれば、世界は変わるでしょう。国際アウトリーチディに加わりましょう。”リック ウォレン

グローバルアウトリーチディのビジョンはクリスチャン1人1人が毎年、5月最後の土曜日に福音を伝えるというものです。100以上の国の約5000万人のクリスチャンが毎年参加しています。それぞれのクリスチャンがその日に少なくとも1人に神様の福音を届けることが目的です。

ジャパンアウトリーチデイ

ジャパンアウトリーチデイの日に神様の様々な色が日本の4つの大都市にて現されました!

+ 横浜

  • 2020年に向け、スポーツミニストリーの働き

午前中は地域教会と海外のスポーツ宣教チームと共にフットサルミニストリー

午後には横浜スタジアム周辺にて伝道

夜はプロ野球選手による証を通した伝道集会

記事はこちらから, フットサルミニストリー / 野球選手の証と伝道

大阪 – 繁華街での路傍伝道、ユースセンターにてDJ音楽を用いた伝道の働き

名古屋 – 繁華街での路傍伝道、ホームレスミニストリー

THE4POINTS

THE4POINTSを用いて福音を分かち合います。

4つの簡単なポイントでイエスキリストの御言葉の素晴らしい福音を説明します。

神様は私を愛している

この4つのポイントは聖書全体のメッセージをまとめたものです。そして、まず第一に聖書が言っている事は、神様があなたをメチャクチャ愛しているという事!神様の愛は無限大で完全に無条件の愛です。神様の愛は良い事をして勝ち取るものではなく無条件に与えられるものです。また、私たちがどんな過ちを犯したとしてもその愛は変わる事がありません。神様が何よりも願っている事はあなたとの愛し愛される関係です。

私は罪を犯した

悲しいことに、私たちは罪というものによって神様の愛から引き離されていると聖書は言っています。聖書が言う罪とは神様を無視し、自分勝手に生きてしまう事を言います。私たちが神様を無視した時、私たちは罪を犯して、神様の望まれる生き方から離れ、自己中心な行動に走ります。罪は私たちの友達との関係、家族との関係、そして、神様との関係を壊してしまいます。聖書は、罪は最終的に死をもたらすと言っています。

イエスが私のために死んだ

3番目のポイントは、イエス・キリストの十字架の死です。この出来事はおそらく人類の歴史上、最も有名な出来事であると同時に、よく誤解されている出来事です。この出来事を理解する鍵は、罪の罰は死だという事を理解する事です。私たち人間すべてが罪を犯し、本当は死ぬべき存在です。でも、神様は恵みにあふれ、愛しているがゆえにイエス・キリストを送り私たちの身代わりにしました。イエス・キリストが死んだのは私たちが永遠の命を持つためです。

神様と共に生きる選択

神様にとってあなたが非常に大切な存在だという事を神様はあなたの人生の中であらゆる方法を通して示してくれました。そこで、その神様に対してあなたは大事な決断をしなければいけません。神様は永遠に祝福で満ちた人生をあなたに与えたいと願っています。あなたがすべきことは、神様を無視し、自分勝手に生きてきた事を認め、神様の赦しを受け取り、これからの人生を神様の為に生きるという決断をする事です。選択権はあなたにあります。

グローバルアウトリーチディはクリスチャン各々が一歩踏み出し、何か行動を起こしやすくする世界的な動きを造り出しています。何百万ものクリスチャンが同じ日に皆で共に働き、祈り、活動するのです。お互いに励まし、良い影響を与えましょう!宣教、そして世界を一掃する救いの波の一部となりましょう。

ここ日本では、音楽ライブや、ダンス、フラッシュモブ、ストリート伝導、祈りのミニストリー等をします!日本の人々に神様の愛を示す時、多くの魂が新しくされるでしょう。