NEWS

SHINE Japan – The Christian Newspaper – June 19th, 2016

DJ JACK

DJ JACK

世界的に福音を分かち合い励ますグローバルアウトリーチデイ(G.O.D)を目指して、1週間、海外の宣教チームとともに様々な方法で展開してきたShineJapanが今年、5月22〜28日に実施された。世界の一線で活躍するゲストを集めながら、インターネット、ソーシャルネットワーキングシステム(SNS)、映像、グッズ、路上パフォーマンス、イベントなどを駆使して、次世代に届く伝道方法を提案、実践した。2019年の世界ラグビー日本開催、20年の東京五輪開催を見据え今後、大阪、名古屋などの3都市ほか、全国主要都市での実施も呼びかけている(一部既報)。【高橋良知】

エフェクトのかかった電子音、疾走感のあるビート音が鳴り響くと、会場全体が総立ちとなった。大人も子どもも、あちらこちらで、腕を掲げて飛び跳ね始めた。
近年エレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)と呼ばれるダンスミュージックがヨーロッパを中心に若者層で流行している。スマートフォンやSNS、スポーツウェアなどのテレビCMのBGMで使われるなどでなじみがあるかもしれない。ポップミュージックや様々な音楽の要素を取り込み、「クラブ」というダンスミュージックの空間を超えて幅広く聞かれている。日本でも、2014年から世界的なダンス・ミュージックの祭典「ウルトラ」が開催されるなどして裾野が広がっているようだ。

昨年に続き、ShineJapanのために来日したDJのベン・ギャラクタス・ジャックさんは各イベントで、EDMのクリスチャン・ミュージックを導き、聴衆の間に分け入って盛り上げた。ジャックさんは英国マンチェスターを拠点に、ヨーロッパで最大規模の若者ミニストリー、「メッセージ・トラスト」が主催する「Higher Tour」のマネージャー。5年間で200万人の若者に福音を届けようと活動している。

「パーティーは大好きですか。今夜は思いっきり楽しもう。パーティーはいつか終わる。でも、永遠に喜びを与えてくれるのは、イエス様と一緒にいることです」。ジャックさんはライブで聴衆を励ました。「まだイエス様を知らない人も、ぜひ、イエス様を信じている周りの人を見て。この人たちの心の中には何があるだろう。問いかけてみて」と呼びかけた。

音楽、信仰の証しのトークなどがされると、「本当の喜び」を切り口に、イエス・キリストの十字架のメッセージも語った。今回は、新曲も披露。キリストによって暗闇の人生から解放される喜びを歌う歌詞を解説して導入し、皆で踊った。神を受け入れる祈りも導いて、挙手で応答する参加者もいた。

ダンス

 JOY FESTIVAL

G.O.D当日となった28日はJOY FESTIVALを東京・渋谷区のさくらホールで開催した。ゴスペル新宿ダンスによるダンス、ハレルヤゴスペルファミリーのクワイアゴスペル、ジャックさんの音楽、シンガーソングライター、ジョン・レビーさんのギター弾き語りなどジャンルを超えたステージ、聖書からのメッセージが盛り込まれた。2017年のG.O.Dは5月27日になる。

これからも使える 学び、グッズ、ウェブ

ShineJapanでは、ワークショップや学び、祈りの機会も豊富に取りそろえた。24日には、動画の普及を受けて、個人の証しの構成や、ミニストリー、企業活動でも生かせる魅力的な物語の組み立て方についてのワークショップを開催した。RTL、BBCなどの大手メディアやヒルソングチャーチ、ナショナル・フットボール・リーグなどでプロジェクトを手がけてきた、ヒルソング・ロンドンのクリエイティブディレクター、アンドレアス・クランズラーさんが昨年に続き講師となった。映像の実例を見せながら、人々に共感を与える物語の組み立て方や着眼点について体系的に語った。特に強調したのは、人物を中心とすること。「ある分野に関心がなくても、その分野に関わる人の人生が語られれば、生身の人間のリアリティーが人々を引きつける」と述べた。「さらに何らかのユニークさが必要。何かの問題や壁をもとにして、その解決に向かうプロットをつくり、わくわく感を出していく」と勧めた。

23〜27日の午前には、ジャックさんやクランズラーさんを含め、「メディア」「ミニストリー」「音楽」「コミュニティー」の4つの分野でトレーニングセミナーが開かれた。「ミニストリー」では、オーストラリアのキングダム・アライアンス・ミニストリーのジョシュ・ウッドさんが霊性にも触れて聖書から、自由、神の栄光、神の国などについて講義した。「コミュニティー」では24/7Prayerのキース・バーンズさん、デイン・ルークスさんが語った。

またShineJapan2016に合わせて制作した配布用「ニュースペーパー2016」では、手足のない伝道師ニック・ブイチチや冒険家ベアー・グリルス、福音歌手の森祐理、ゴスペルシンダーの小坂忠、野球選手のマット・マートンなどのストーリーをウェブとも連動して紹介。ShineJapan終了後も様々な教会・団体の伝道活動に用いてほしいと推奨する。http://hakocata.theshop.jp/items/3319994(ニュースペーパー購入サイト購入サイト)
問い合わせ先はミニストリー団体7media http://7media.org/

*クリスチャン新聞○月○日号より記事転載

**写真提供:クリスチャン新聞